鹿児島&桜島 1泊2日くるま旅 9

桜島フェリーでひと騒動

桜島フェリーから1

約半日かけて、鹿児島市内を駆け足で観光した我々は、本日の宿泊地である桜島へと向かいました。

桜島フェリーから4 桜島フェリーから3 桜島フェリーから2 

ご存知のように、桜島は大隅半島と地続きになっており、そちら側を経由すれば、船を使わずとも島に渡ることができます。子どもたちが小さい頃…約15年ほど前ですが、屋久島・鹿児島・桜島と旅行したことがあったのですが、その際、今回同行している長男が、まだ中学生だったのですが、「フェリーはもうこりごりだ!」と言うので、その時はフェリーを利用しなかったと記憶力の良いかみさんが思い出してくれました。

普通、屋久島へは高速船や飛行機で渡るのに、フェリーを使って当時の愛車パジェロとともに島に渡ったのでした。初のフェリーでの長い時間が嫌だったんでしょうね。

ということで、今回桜島フェリーを利用するのは、我が家にとって初めてというわけでした。

今、webページを参照すると、フェリーの利用についてていねいに説明されていましたね。

ナビと現地の道路案内の指示により車を走らせていくと、そのままフェリー内に誘導されてしまいました。あっという間に船に乗せられて、「ええっ、まだ乗船手続きしていないよー!」と焦ってしまいました。これまで、フェリーに乗る際は、「出港前に港で車検証を見せてチケットを購入して乗船」というパターンしかなかったからです。

で、「どうしよう、どうしよう…」となり、船内で係員の方とか探したけれど見つからない…。結局、船から降りる際に事情を話して手続きをすることにしようとなりました。

桜島に着いて、車両の係の方に話をすると、

「料金所でお支払いください。」とのこと。

それでもまだ、意味が分かっていなかったのですが、船から降りてやっと意味が分かりました。すべての船が、下船時、桜島側の料金所を通ることになっており、そこで各車ごとに料金を支払うというシステムなのでした。

頻繁に行き来するダイヤのある桜島-鹿児島間のフェリーは、わたくしたちの地元で言えば、関門トンネルの料金所(この場合、双方に支払うための料金所がありますが…)のシステムと同じということだったんです。

初の体験に戸惑ってしまい、桜島フェリーの船内の様子などひとつも撮っていなかったと、後で気づいた次第です。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

鹿児島&桜島 1泊2日くるま旅 8

薩摩切子は、目の保養

磯工芸館2

一応、お知らせしておきますが、尚古集成館 本館・尚古集成館 別館は、自分的にはあんまり、魅力がありませんでした。なのでノンレポートでごめんなさい。

磯工芸館1 磯工芸館3 磯工芸館4

無料で入館できる施設ですが、『磯工芸館』は、薩摩切子の素晴らしい作品が展示されており、土産物店とは一風違った雰囲気で、こちらはとても良かったです。ただ、ぐいのみ1つが5万円以上もするわけで…こちらは完全に目の保養と割り切らせていただきました。息子には、「我々の還暦のお祝いにプレゼントしてくれてもいいよ。」とダメ元のお願いはしておきましたが…

磯工芸館5 磯工芸館6 磯工芸館7

別棟の工房で製作現場も見学できました。夏は暑いだろうなぁと思いましたが、さすが芸術品を作る工房でした。

のほり窯跡1 のほり窯跡2 のほり窯跡3

また、こちらは関係のないものですが、登り窯跡り遺跡を駐車場の隅に目ざとく見つけましたので見学しました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

鹿児島&桜島 1泊2日くるま旅 7

仙巌園にて

仙巌園23

午後からは、「仙巌園」を訪れました。事前情報で、入場料は一人1000円駐車場も300円かかるらしいが、「訪れる価値あり」というので行く事にしました。世界遺産に指定されたということで整備もされており、確かに観光地としては見応えのある場所でした。

仙巌園1 仙巌園3 仙巌園4

仙巌園5 仙巌園6 仙巌園7

仙巌園8 仙巌園9 仙巌園10

仙巌園11 仙巌園12 仙巌園13

仙巌園14 仙巌園21 仙巌園22

仙巌園18 仙巌園17

対岸に見事な桜島の姿を見ながら、天気も良かったので美しい庭園や史跡を楽しみながらゆっくり散策しました。

仙巌園19 仙巌園20

「篤姫」のロケ地も何ケ所かありました。

仙巌園15 仙巌園16

山の中腹の岩に彫られた「千尋巌の文字」説明版がなければ、見落としてしまうところでした。

仙巌園25 仙巌園26 仙巌園24

土産店の並びで売っていた、「両棒餅」(ぢゃんぼもち)は、3本×2種で310円とお手頃価格です。早速休憩がてら暖簾をくぐり、ペロリとたいらげました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

鹿児島&桜島 1泊2日くるま旅 6

昼食は駅前の「づけ丼」のお店で

桜勘1

昼食に訪れたのは、web検索にてチェックしていた店。かんぱちのづけ丼が看板メニューの「桜勘」。近くのコインパーキングは、50分100円でしたし、うまい具合に1台分空いていました。また、お店もちょうどお客さんが帰るタイミングに入ったので待たずに席に座る事ができました。お昼時でしたので満席でした。

桜勘3 桜勘2 桜勘4

かんぱちのづけ丼は500円(税別)とリーズナブル。1000円でWサイズの設定もありましたが、昼食なので、そこはシングルサイズを選びました。シェアすることにして、私はマグロのづけ丼(700円)にし、息子は贅沢にうにのづけ丼にしました。

予想通り小ぶりのサイズでしたが、十分でした。さすが人気店、たっぷりの新鮮な魚のづけ丼はとてもおいしかったです。また、息子の>うにづけ丼は1500円の値段どおり、見た目もかなり豪華でした。

桜勘7 桜勘6 桜勘5

休日にも関わらず、日替わり定食が紹介されていて、このアジフライも豪快でとてもおいしそうでした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

鹿児島&桜島 1泊2日くるま旅 5

西郷隆盛に関する3つのスポットへ…

西郷隆盛洞窟1

続いて訪れたのは、「西郷隆盛洞窟」

西郷隆盛洞窟4 西郷隆盛洞窟3 西郷隆盛洞窟2

長寿泉1 長寿泉2

そばには、「長寿泉」という掛け流しの温泉もありましたが、残念ながらゆっくりすることはできません。

西郷隆盛誕生の地石碑2 西郷隆盛誕生の地石碑3 西郷隆盛誕生の地石碑1

そして、市街地にある、「西郷隆盛誕生の地石碑」とそのそばにある、「維新ふるさと館」に立ち寄りました。

維新ふるさと館1 維新ふるさと館2
維新ふるさと館3 維新ふるさと館4 維新ふるさと館5

恥ずかしながら、最初、専用の駐車場に車を止めてしまうと、施設を利用しないと出られない設定は、いかがなものかと思いました。何しろ入館料金が300円ですから。しかし、300円なら十分楽しめる施設でした。私のように歴史にあまり興味のない者でも維新のいろんな出来事を学ぶことができました。工夫されたシアターの上映や展示物も豊富で、「時間があればもう少し見たい」と息子は言っていました。現地を訪れなければ、体験しふれることのできないスポット来訪のイベントに感謝です。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  
アクセスランキング
プロフィール

kyudenkun2013

Author:kyudenkun2013
      
重い腰を上げて、
超初心者のブログを
スタートさせました。
愛車『給電くん』との
いろんなことについて
書いていきたいと思い
ます。

最新記事
カテゴリ
見てくれた人
読んでくれている人
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる