「広島風」ではなく・・・

広島お好み焼きの店 「弘々家」

弘々家2

少し前ですが、かみさんと息子2人の4人でランチに訪れたお店を紹介しておこうと思います。

弘々家5 弘々家6 弘々家7

お店の名前は「弘々家(こうこうや)」。なんと創業23年とのこと。下関市に長く暮らしているのに、不覚にも初めての来店でした。

このお店、よく言う「広島風お好み焼き」ではなく、「広島お好み焼き」のお店です。店主が一枚一枚焼き上げてくれます。メニューも豊富で、お好み焼きだけでなく、鉄板焼きのメニューもあります。

弘々家1 弘々家4 弘々家3

この日は、豚キムチを注文し、みんなでつつきました。たっぷりのねぎが入ったお好み焼きもなかなかのお味でした。

お店から少し離れた場所に駐車場もありますので、「お好み焼きが食べたいな!」と思ったときに、気軽に立ち寄れるお店です。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

パスタとピッツアのランチコース

ランチコースを味わう!

オステリアイニッツィオ7

一昨日、かみさんとランチに出かけました。「ランチでもいかが? どこか美味しい店を探しといて!」とのメールでした。近所ですが、別々に暮らしていますので、会うのも一週間ぶりです。

オステリアイニッツィオ10 オステリアイニッツィオ11 オステリアイニッツィオ9

ネットで検索してみつけたのは、「オステリア イニッツィオ」。イタリアンのレストランです。

オステリアイニッツィオ1 オステリアイニッツィオ2

とても落ち着いた感じの店内。かわいらしいものがいろいろ飾ってありました。電話で席を予約しての来店でしたが、本日は混みあっていない感じでした。

注文したのは、パスタのランチコースピッツァのランチコース。それぞれ、何種類かのパスタやピッツァの中から好きなものを選んでオーダすることができます。ピッツァの方はどういうのだったか覚えられませんでしたが、パスタは「海老のトマトクリームソース」。私の好きなパスタが選択肢の中にありました。お値段もお手頃で食べ応えありましたよ。

オステリアイニッツィオ3 オステリアイニッツィオ4 オステリアイニッツィオ5
オステリアイニッツィオ6 オステリアイニッツィオ8

特にピッツアは「これが1人前なの?」と驚くほどの大きさ。でも、案外食べられました。取り分けるための小皿も用意してくださったので、お互いの料理をシェアして味わったのは言うまでもありません。

オステリアイニッツィオ12 オステリアイニッツィオ13 オリーブの木?

かみさんと、「次回は、予約してランチコースをオーダーしようか。」 と話しました。別のパスタやピッツァもぜひ味わってみたいものです。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

下関の歴史散策 9

亀山八幡宮


亀山八幡宮4

本日、写真撮影のために、もう一度亀山八幡宮を訪れました。先般訪れた時には、ちびっ子の奉納相撲大会が催されていました。夏には、そんなに大規模ではないですが、花火大会があり、少しだけ賑わいます。

亀山八幡宮3 亀山八幡宮5 亀山八幡宮7

歴史をひもとくと、結構由緒ある場所なのです。境内にはいろいろな像や石碑が設置されていてなかなかにぎやかです。

亀山八幡宮1 亀山八幡宮2 亀山八幡宮12

亀山八幡宮11

私なんかは、お参りにというよりは、こちらの亀山儀式殿が宴会場になっていますので、近くの春帆楼とともに、職場の忘年会・新年会や歓送迎会の会場として訪れることが多い場所です。

亀山八幡宮9 亀山八幡宮10 亀山八幡宮6
池があって、たくさんの亀がいるようです。(本日は池に見当たりませんでしたが。) 繁殖して増えているのでしょうか。自分が子供の頃から変わらぬ風景は、「鶴は千年亀は万年」というように、「亀が長寿」ということなのかもしれません。

盛りだくさんの物件なのに、中途半端な紹介になってしまいました。



ここのところ、アクセス数も減っていますし、下関市の紹介は、退屈だったようですね。ただ、長年下関市に暮らしている自分でさえも、じっくり見学したり調べたりする機会がなく、良い体験になりました。また新しい発見や小耳に挟んだネタがあれば紹介してみたいと思います。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

下関の歴史散策 8

床屋発祥の地

床屋発祥の地


ここ下関市は、「床屋発祥の地」とのこと。市内の理美容専門学校のそばにもそんな看板をみたことがありました。市内の亀山八幡宮という神社のすぐそばにタイトルの石碑があります。

床屋といわれる所以は、
店の中に床の間を設け亀山天皇と藤原家を奉る祭壇があり、人々は“床の間のある店”から転じて“床屋”という屋号で呼ぶようになった。


この話、長く下関市に住んでいる人でも知らない方はいらっしゃるのではないでしょうか。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

下関の歴史散策 6

見事な龍の彫刻のある三門

引接寺1

引接寺(いんじょうじ)を訪れました。戦禍を逃れた三門には見事な龍の彫刻があり、とても素晴らしいです。

下関条約の清側全権として来日した李鴻章が日本滞在中に宿泊した寺であるため、当寺と講和会議が行われた春帆楼を結ぶ道には現在「李鴻章道」という名がついている。

今回訪れていない春帆楼は、忘年会の会場らしいので、その時にレポートしましょうか。寺に車を泊めて、李鴻章道を途中まで歩いてみました。

 引接寺2 引接寺4 引接寺5

引接寺3

何度も近くを通ることはありましたが、実際に山門をこの目で見たのは初めてでした。時間さえあれば、ゆっくり見て回りたい場所がたくさんある、わが街です。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  
アクセスランキング
プロフィール

kyudenkun2013

Author:kyudenkun2013
      
重い腰を上げて、
超初心者のブログを
スタートさせました。
愛車『給電くん』との
いろんなことについて
書いていきたいと思い
ます。

最新記事
カテゴリ
見てくれた人
読んでくれている人
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる