FC2ブログ

GW東北ツアー 17

銀山温泉にて

Gw東北旅174

山形県尾花沢市に入り、銀山温泉に立ち寄りました。

Gw東北旅175 Gw東北旅176 Gw東北旅177
Gw東北旅179 Gw東北旅178 Gw東北旅180

「瀧見館」と名がついていましたが、残念ながら露天風呂からは、直接、滝は見えませんでした。(もしかすると女性の方からは見えるのかも。)

Gw東北旅181 Gw東北旅182 Gw東北旅183

建物を出て、川の方に少し下ると立派な滝が見られました。少し距離があるようなので、近くまでは行きませんでした。

駐車場までの道の傍らにカタクリの花を発見。こんなところで出会えるとは驚きでした。

蕎麦の食事もいただけるようでしたが、旅を進め、昼食はその先で戴くことにしました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 16

道の駅「とざわ」

Gw東北旅165

本日は途中で息子の城アプリの城めぐりをしつつ、福島県白河市までの旅。温泉にも立ち寄りました。

「城めぐり」と言っても、実際の城を見学するのではなく、かつて城があった場所付近まで車を走らせるという動き。必然的に一般道を走ることにもなりますし、土地鑑の無い私は、ナビの言いなりになって運転をするしかないのでした。

Gw東北旅170 Gw東北旅172 Gw東北旅160

道の駅「とざわ」は、あの芭蕉の句で有名な最上川沿いにありました。

Gw東北旅167 Gw東北旅168 Gw東北旅164
Gw東北旅166 Gw東北旅171

モモカミの里「高麗館」という韓国の物産館がありました。私の地元下関市も韓国の方が多く居住されているので、売られているモノは、私にとってはお馴染みの食材なのでした。

Gw東北旅169

Gw東北旅161 Gw東北旅162

また、根雪というのでしょうか。雪の塊が敷地内に残っていたのには驚きでした。野菜を販売するコーナーもあり、のぞいてみましたが、旅の途中なので買物はしませんでした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 15

幸運にも国宝「羽黒山五重塔」の公開のタイミングで

Gw東北旅158

本日の行程を考えて、朝食後はさっさと宿を出発しました。
最初の目的地、羽黒山五重塔は宿坊から目と鼻の先、しかし、わざわざ戻ってくる必要もないのでそのまま現地の駐車場に。歩きの方々は荷物を預かってもらうサービスなどあるらしいのでその点、ありがたいですね。

駐車場に車をとめることができましたが、かなり混雑していました。さすが、GW。早朝より参拝のお客さんも結構いらっしゃいます。

Gw東北旅138 Gw東北旅139 Gw東北旅140

国宝である、羽黒山五重塔は、明治以降初めてという扉内部の一般公開をしていました。記念のタイミングに出会えてラッキーでした。

Gw東北旅141 Gw東北旅142 Gw東北旅143

五重塔は少し下った道の先にありました。町内の方々がこのタイミングで早朝から歩道の整備をされていました。こうした方々の力で、私たちが安全に観光させていただけているんですね。

Gw東北旅144

途中「須賀の滝」で写真撮影。人工的に作られたものだそうですが、「霊気と清々しい空気に満ち満ちていた。」誰かが評するとおりでした。

Gw東北旅145 Gw東北旅146 Gw東北旅147

Gw東北旅148

そして、神秘的で神聖という雰囲気の中に五重塔はありました。

Gw東北旅149 Gw東北旅150 Gw東北旅151

受付でお祓いをしていただき、列で待ちながら順に覗き込むようにして内部を見せていただきました。あ、写真撮影禁止はその内部なので、写真の傍らの表示を見て、「ルール違反の撮影をしている」と勘違いされないでくださいね。

Gw東北旅154 Gw東北旅152 Gw東北旅153

出口付近で、内部の360度VR画像を見ることもできました。

Gw東北旅155 Gw東北旅156 Gw東北旅159

羽黒山へのアプローチはここで終わり、帰りが登りというのが少しつらかったですが、まだまだ一日の初め。本日もロングドライブが待っています。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 14

朝風呂でスッキリ、朝食は精進料理的で美味

Gw東北旅089

目覚めの朝風呂は、独り占めで満喫しました。会計の際に入湯税が計上されていたので、温泉(加温)ということでしょう。

Gw東北旅087 Gw東北旅088 Gw東北旅090

鶴岡公園の散策を経て宿に戻った私たちを朝食が迎えてくれました。セルフでしたが、食後のコーヒーもいただくことができて、十分満足できる味と内容でした。玉子やお肉などは一切使っていないので「精進料理的」と表現しましたが、ヘルシーでとても良かったです。宿坊の朝食ということなのでしょう。

Gw東北旅127

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 13

朝食前に鶴岡公園を散策

Gw東北旅103

いつもの生活習慣とはおそろしいもの。5時前に目覚めたので、貸し切りで、朝風呂に入ることができました。
で、本日はその後、朝食前に宿を出て散策した鶴岡公園の話。

Gw東北旅101 Gw東北旅102 Gw東北旅115

Gw東北旅104 Gw東北旅105 Gw東北旅113

とてもきれいに整備された公園で、朝の空気感がとても良かったです。

Gw東北旅116 Gw東北旅120 Gw東北旅121

こちらは、鶴ケ岡城址に整備された公園なのですが、会津若松に鶴ケ城と呼ばれる城があり、このブログの編集の際に混乱してしまいました。こちらも行ってみたかったですけど、今回はルートから外れていたみたいです。

Gw東北旅108 Gw東北旅107 Gw東北旅106

「雪の降る街を」の歌碑がありました。音が鳴る仕組みになっているようでしたが、残念ながら音は聴けませんでした。この山形県鶴岡市の降雪風景がこの曲のメロディーになったとのこと。昭和世代で私なんかはギリギリ知っている曲ですが、もちろん、息子は知りませんでした。

Gw東北旅125 Gw東北旅126 Gw東北旅123

Gw東北旅124 Gw東北旅100 Gw東北旅099

宿までの帰路、月山神社の大鳥居と庄内柿のモニュメントを発見し、撮影。頂に雪のある山々や限りなくまっすぐな道の風景も西日本の私たちには珍しく、新鮮な風景でした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 12

日曜の夜、駅前の居酒屋は満席で…

Gw東北旅134


食事については到着時刻が読めないということも有り、頼んでいなかったのですが、少し車を走らせた鶴岡駅前まで出れば、お店があるだろうと駅前の居酒屋を検索して目指しました。

しかし、どの店も満席で私たち2人が入れる余裕はなく、お酒を飲まない、運転手の息子も疲れもあってキレ気味。私は本日の〆のビールにありつきたい一心で慌ててスマホでお店を検索したのでした。

検索中、その場所の住所表示を見て検索したのですが、慌てるあまりに、「伊勢原町」の住所で神奈川県のお店を検索していたというこぼれ話もありました。
Gw東北旅131 Gw東北旅132 Gw東北旅133

駅から少し離れた場所に、その名もThunderBird‐雷鳥‐ というお店がありました。電話すると、「カウンターで良ければ2人なら入れますよ!」とのこと。

しかも、「少し離れた場所ですが駐車場もあります。」ということなので、藁にも縋る思いでお店にたどり着きました。

宴会のお客さんで店内はとてもにぎやかでした。(多分1グループの方が極度に声を出していた…その人たちが帰るととても静かになったので…)

Gw東北旅138 Gw東北旅135 Gw東北旅136

焼き鳥を中心に私は山形の日本酒もいただきました。息子はサンダーバー丼というありがちなネーミングの丼を注文しました。

Gw東北旅137

どれもおいしくて、旅の疲れを癒すことができました。そして、宿までの結構な距離の運転。お疲れ様でした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 11

民宿のような宿坊にて

Gw東北旅091

辺りがすっかり暗くなった頃、本日宿泊予定の宿坊「生田坊」に到着しました。ここは、羽黒山の山門のすぐそばになります。同様の宿坊が何件もありました。もちろん様々な県外ナンバーのバイクや乗用車が駐車してありましたよ。

Gw東北旅092 Gw東北旅080 Gw東北旅079

案内された部屋にはもうすでに布団が敷かれておりました。親子の男2人旅には十分な広さの部屋です。温水洗浄便座付きのトイレも備えてありました。

Gw東北旅076 Gw東北旅077 Gw東北旅078
Gw東北旅081 Gw東北旅082 Gw東北旅083 
Gw東北旅084 Gw東北旅085 Gw東北旅086 

本日は疲れたので、夕食から帰ったらバタンキューだと思います。(おっ、懐かしい言い回し…すでに死語なのか?)

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 10

快適なHONDA SHUTTLE のドライビング性能


SHUTTLE

早朝から渋滞の道路を経て運転をし続けてきた息子に代わり、山居倉庫から本日の宿までは、私が運転をすることになりました。

実はこの車のハンドルを握るのは、これが初めて。息子も「この車の助手席に座るのは初めてだ」と言っておりました。

まずは、普通車のアクセルに対するレスポンスの良さ。普段は軽自動車ですから、その面でも段違いに快適です。

そして、HONDA SENSINGの技術力に感動しました。

車線を検知しており、少しでも車線からはみ出すと、ハンドルが震えて知らせてくれるんです。道路標識も多分車載カメラでキャッチしており、この道路の制限速度がどうなっているかの表示もされています。

ただ、「衝突安全性能」についてはチェックできませんでしたけどね。

また、リアルタイムで燃費を計算しているので、ハイブリッド車の利点を生かしたエコドライブを意識して運転できるのだとか…。まさにハイテクですね。

クルーズコントロール機能もあるので、高速道路の走行の際はアクセルも踏む必要なく、ハンドルを軽くつかんだ状態での運転が可能とのこと。

pajero

もう、20年近く前に載っていた三菱パジェロにもクルーズコントロールが搭載されていました。それはそれで便利さを感じてましたが、雲泥の差ですね。

もちろん、夕暮れ時に暗くなってきたらライトはオートで点灯するし、ドアロックもインテリジェントキーのおかげでわざわざキースイッチをさわる必要も無いということです。私のようなうっかり人間にも優しい機能満載なのでした。

しかし、頭の古い人間にしてみると「この便利な機能が誤作動した時が怖いなぁ」なんて思います。ま、そんな心配していたら、自動車の運転なんてできませんけどね。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 9

写真撮影のために訪れてみた

Gw東北旅074

酒田市と言えば…と検索して「写真撮影に最適な場所」と紹介されていたのは「山居倉庫」

Gw東北旅063

最近の言葉でいうと、「インスタ映え」なんでしょうけど、あえて「フォトジェニック」という言葉を使うようにしていますが。

Gw東北旅064 Gw東北旅066 Gw東北旅067
Gw東北旅071 Gw東北旅070 Gw東北旅069

せっかく散財してカメラを購入したのだからと最適な場所を訪れたのですけれど、満足した写真はあまり撮影できませんでした。まだまだ修行が足りないです。ただ、観光のお客さんがそんなにたくさんいなかったのは幸いでした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

GW東北ツアー 8

昼食場所として立ち寄ったのは…

Gw東北旅056

Gw東北旅048 Gw東北旅049 Gw東北旅050

Gw東北旅058 Gw東北旅059 Gw東北旅060


息子の城アプリでの城獲得の都合もあって、新潟経由での山形入りの計画でした。

検索して訪れたのは、和風レストラン「美咲」。きれいな海岸線沿いのドライブインっぽいお店でした。

息子は海鮮ちらしセット、私は漁師丼セットを注文しました。少し時間が下がっていましたが、十分丁寧に対応してくださいました。

Gw東北旅054

Gw東北旅057 Gw東北旅055

特筆すべきは、JAFの割引サービスの対象店であった事。会計総額の10%引きはとてもありがたかったです。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  
アクセスランキング
プロフィール

kyudenkun2013

Author:kyudenkun2013
      
重い腰を上げて、
超初心者のブログを
スタートさせました。
愛車『給電くん』との
いろんなことについて
書いていきたいと思い
ます。

最新記事
カテゴリ
見てくれた人
読んでくれている人
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる