FC2ブログ

種子島ツアー 12

今夜の宿は東横イン天文館2

種子島94

鹿児島空港から鹿児島市の繁華街までは、結構ありました。夕方の混み合った時間帯に到着したのですが、チェックインはスムーズでした。

種子島113 種子島112 種子島95

予約の段階で駐車場の手配ができていなかったので、提携駐車場を紹介していただいきました。市街地の一方通行をうまくクリアして、格安の立体駐車場にとめることができました。シャトルは高さが155㎝以下なので、その点で有利でした。

種子島76 種子島77 種子島78

部屋は清潔感があり、ダブルベッドのゆったりとした部屋。息子とはフロアーも別になりましたが、同じ料金なら私の鼾の被害を受けないよう選択することは大事な選択でした。明日も長距離運転してもらわなくてはなりませんからね。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 11

搭乗施設のトラブルで…

種子島74

レンタカーは「満タン給油での返却」との約束ですが、島内の給油所が限られていることもあり、空港から少し離れた指定店で満タン証明書をもらっての給油でした。

種子島71 種子島72 種子島73

早めに空港に着いて、空港周辺をぶらり。便数も少ないし、小ぶりな空港施設も良いものです。くるま旅中心で飛行機を利用することが少ないので、搭乗手続きや保安検査は緊張しましたが、無事出発ゲートにてくつろいでいました。

搭乗時刻になって、どうも機器のトラブルがあったらしい。普通、QRコードのスキャンで済むところですが、搭乗券を見せて手作業でのチェックによる搭乗となりました。

種子島75

帰りの便は乗る人も多かったため、少し出発が遅れたものの、無事鹿児島に到着することができました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 10

千座の岩屋(ちくらのいわや)

種子島63

帰りの飛行機の出発時刻の関係で、種子島の北部へ行くことは断念しました。「鉄砲伝来」の詳細を紹介した「種子島開発総合センター鉄砲館」などは次回訪れた時のお楽しみです。

種子島57 種子島58 種子島65

その代わり、種子島の南東部にある「千座の岩屋」にて自然の造形美を満喫しました。

種子島60 種子島64 種子島66

ちょうど干潮になる時間帯と我々の行程がナイスタイミングでしたので、洞窟の奥まで入ることができました。

種子島67

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 9

種子島マングローブパーク

種子島54

種子島は、日本でのマングローブ自生の北限ということです。道すがらマングローブが群生している場所がありましたので、車を止めて少し立ち寄ってみました。

種子島53

種子島50 種子島51 種子島49

マングローブのそばには水路があり、それを持参したカヤックで楽しむ方もいらっしゃるとか。日本国内では、ここまで南下しなければ自生地する様子を見学できないとすれば、これは貴重な体験と言えるのではないかと思います。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 8

お土産は、菓子処「渡辺」で

種子島68

種子島のお店で、お土産を買おうと思っていたのですが、るるぶに載っていたお菓子やさん「渡辺」で、おいしそうなお菓子を適当に選んで購入しました。

種子島70 種子島69

種子島ならではの食材を扱ったモノではありませんが、味も中々良かったですし、お菓子のパッケージに「種子島」という文字が入ってるので良いでしょう。気兼ねのない人へのお土産ですから、自分的にはこれで十分です。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 7

昼食はインギー地鶏の料理店で

種子島43

観光雑誌「るるぶ」の記事を参考に、昼食時に訪れたのは、「美の吉」。なんでも貴重なインギー地鶏という鶏を自家飼育していて、それを食材として使っているらしい。

お昼時とあって、観光客だけでなく、地元のお客さんもいて賑わっていました。地元のお客さんは、インギー地鶏の料理を注文しないのでそちらの人だとすぐ分かります。

もちろん、私たちは普通の親子丼や唐揚げ定食よりは値段高めの設定ですが、インギー地鶏の料理を選んで注文しました。「インギー丼」「インギー唐揚げ定食」です。

種子島47

種子島46

少し歯ごたえのある食感でした。味オンチの私にiは、微妙な違いがどうなのかはよく分からないけれど、美味しくいただきました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 6

種子島宇宙センターで 2

種子島41

センターの大型バスでの見学ツアーでは、広大な敷地内の3つの施設の現地までバスで案内していただきました。

種子島30

種子島31 種子島33 種子島34

打ち上げされることのなかったロケットが保管されているロケットガレージでは、本物のロケットを間近で見学することができました。映画やドラマの大道具ではなく、紛れもない本物なのです。やはり、そういう目で見るとその価値を体感することができました。

種子島37

種子島38 種子島39

ロケット発射場は、セキュリティーの関係でバスから降車せずの見学でしたが、やはり、現地に赴くことでスケールの大きを実感することができました。

種子島40

最後に総合司令塔を見学。こちらは、打ち上げ成功の際、関係者が歓喜する場面で報道される場所です。「思ったより小さい規模なのは、情報機器の発達によりPC等のサイズがコンパクトになった事による」との説明があり、「なるほどな」と感心しました。

事前に予約したことで、バスツアーにも参加することができて、とてもラッキーでした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 5

種子島宇宙センターで 1

種子島22

予定通りの時間に宇宙センターに到着し、まずは館内の見学をしました。この手の施設、普通は有料で入館料とか支払うところなんでしょうけど、なんと無料です。

種子島23 種子島24 種子島25
種子島26 種子島28 種子島29

きっとどこかで、日本の宇宙開発の宣伝として大きな予算がついているのでしょうね。プロジェクターやタッチスクリーンなどを駆使した展示を興味深く見学しました。

ロケット発射の轟音をシミュレーションしたシアターも用意されていました。前の晩が睡眠不足でしたので、シアター観賞中は少しだけ、うたた寝していました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 4

レンタカーも予約済みです!

種子島20

飛行機の手配や島内での交通手段としてのレンタカーの予約は、息子がきちんとしてくれていました。

種子島13 種子島16 種子島15

カウンターで簡単に説明を受けたらキーをもらって、種子島での1日の始まりです。

まずは、種子島宇宙センターへ。こちらでのガイド付きバスツアーも事前に息子が予約してくれていたのでした。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  

種子島ツアー 3

プロペラ機に乗るのは久しぶりだ!

種子島10

鹿児島空港は、種子島だけでなく沖縄をはじめとする各島への空路に加えて東京や大阪への便もあり、結構大きな空港です。そんな中、種子島行きの飛行機はプロペラ機です。

種子島8 種子島9 種子島11

久し振りのプロペラ機…というより久し振りの飛行機でしたが、荷物を預けたりすることもなく、スマホで表示したQRコードで搭乗手続きもでき、本当に便利でした。

ただ、駐車場の車にモバイルバッテリーを忘れていたので、種子島からの帰路の搭乗までのスマホのバッテリー残量が心配になりました。なので、飛行機に乗ったら即座にスマホの電源オフにしてその心配を回避しました。種子島なら、電子マネーとかを使う機会もほとんど無いでしょうからね。

種子島12

息子の厚意で、窓側に座ることができました。雲の上ですが、切れ間から見える鹿児島の景色は、人気番組「ポツンと一軒家」の写真を見る感じでした。とても低い高度で飛んでいるということでしょう。

出発待機時、片方のプロペラが回りきっていなかったり、途中で止まったりしていたので少し不安になりましたが、安全に約40分間のフライトを楽しむことができました。

ぼちぼち綴っていきます。

 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  
アクセスランキング
プロフィール

kyudenkun2013

Author:kyudenkun2013
      
重い腰を上げて、
超初心者のブログを
スタートさせました。
愛車『給電くん』との
いろんなことについて
書いていきたいと思い
ます。

最新記事
カテゴリ
見てくれた人
読んでくれている人
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる